帰化条件

帰化をするための条件


帰化条件については国籍法第5条以下に定められています。

引き続き5年以上日本に住所を有すること(国籍法5条1項1号)

20歳以上で本国法によつて行為能力を有すること(国籍法5条1項2号)

素行が善良であること(国籍法5条1項3号)

自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によつて生計を営むことができること(国籍法5条1項4号)

国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によつてその国籍を失うべきこと(国籍法5条1項5号)

日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと(国籍法5条1項6号)

日常的な日本語の使用が可能であること

 

以上の条件を総合的に判断されることになります。具体的には、一つの条件がマイナスであっても他の条件がそれを上回るプラスであれば許可が出ることがあります。

詳しい解説は各ページをご参照ください。