帰化条件⑦日本語能力

日常的な日本語の使用が可能であること


明確に定めた法文はありませんが、申請書類の中には自筆で作成した帰化の動機書があること、面接は日本語で行われること、外国語書面は翻訳人の証明がある訳文を要すること(国籍法施行規則5条)からも日本語での読み書きや会話能力が要求されることは明らかです。

 

どの程度の「日本語能力」が必要か


ここでいう日本語能力は、帰化して日本人として生活する上で必要な程度の日本語能力であれば足り、よく誤解されるようなJLPT1級等が必要な訳ではありません。

しかし、あえて基準を挙げるとすればJLPT N3程度で足りるでしょう(JLPT N3認定の目安:日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる)。

なんの資格もない場合や審査官が面接にて日本語能力に疑問を持った場合には簡単な日本語テストを行う場合があり、注意が必要です。

不安があるようでしたら、JLPT N3かN4の問題集を解いてみてください。

 

緩和措置


満15歳未満の者については、帰化の動機書を不要とする等の緩やかに判断されることになります。