永住権とは

永住権とは


正式名称は永住者在留資格ですが、在留期間に定めがないこと、在留活動に制限がないこと等ほぼ日本人と同等に扱われることから永住権とも称されています。

帰化とは母国の国籍を失わない点に違いがありますが、永住許可の審査は帰化よりも厳格に審査されています。

 

永住権と帰化の違い


日本でずっと住む目的から見ると帰化もありますが、以下のような違いがあります。

 

  帰化 永住権
国籍 日本の国籍になり、母国の国籍を失う 母国の国籍を維持する
戸籍 本人の戸籍が編製される 本人の戸籍は持てない
名前 日本式の名前になる 母国での名前のまま(⇒通称名の使用
公務員 日本の公務員になれる 一部の公務員にしかなれない
選挙権 選挙権、被選挙権が与えられ、国や地方自治体に参政できる 外国人なので特に認められない限り許されない
パスポート・旅券 日本のパスポートを持ち、外国でも日本人として扱われる 母国のパスポートのままになる
強制退去 日本人なので適用がない 一般外国人よりは厳格でも外国人なので強制退去され得る
再入国 自由に再入国が出来る 再入国の許可が必要
出国 母国に帰る際には母国の許可(ビザ)が必要 母国に帰る際には母国のパスポートだけで行ける