永住者在留資格変更の要件

永住権を取得するための要件


永住者への在留資格変更は入管法22条に定められています。

①素行が善良であること

独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること

③10年以上継続して日本に在留していること

④現在の在留資格の在留期間が最長であること

⑤日本人又は永住者の身元保証人がいること

 

以上を総合的に判断されることになります。具体的には、一つの条件がマイナスであっても他の条件がそれを上回るプラスであれば許可が出ることがあります。

詳しい解説は各ページをご参照ください。