永住権要件①素行が善良であること

素行が善良であること


素行が善良であるとは、「普段の行いが正直で性質の良いこと」を意味します。

この要件は、永住者の在留資格が日本に定着して生活する身分を与える為の許可であることから、日本の秩序を乱す恐れのないこと要求するものです。

 

 

「素行が善良」とは


具体的には以下の全てを満たす必要があります。

①日本の法令に違反して、懲役、禁錮又は罰金に処せられたことがないこと

②少年法による保護処分中ではないこと。

③日常生活において、違法行為又は風紀を乱す行為を繰り返し行う等素行善良とは認められない特段の事情がないこと

 

 

①日本の法令に違反して、懲役、禁錮又は罰金に処せられたことがないこと


当然ですが、刑事処分を受けた者は素行が善良とは言えません。ただし、刑事処分を受けた後にちゃんと更生している場合にはそうとも限りません。

具体的には、懲役刑の場合は確定判決を受けた日から10年、罰金刑の場合は確定判決を受けた日から5年が経過する日まで犯罪を犯したことがなければ善良と判断されることになります。なお、過剰防衛、過剰避難、中止犯、自白等により刑が免除された場合には2年が経過する日までとなります。

 

 

②少年法による保護処分中ではないこと。


少年法の保護処分は刑事処分ではありませんが、家庭裁判所の審判を受ける少年は犯罪少年・触法少年・虞犯少年と素行に問題があるとみなされるので、保護観察が終了する等しなければ永住の申請は出来ません。保護処分は刑事処分ではないので①のように期間経過は特に求められていません。

 

 

③日常生活において、違法行為又は風紀を乱す行為を繰り返し行う等素行善良とは認められない特段の事情がないこと


刑事処分や保護処分を受けたことがなくても、その前の段階で逮捕歴・補導歴が多い場合や微罪処分・不起訴等が頻繁にあった場合には程度にもよりますが素行不良と判断される可能性があります。

さらに、納税義務等の公的義務の履行状況は申請までに綺麗にして置く必要があります。よくどの範囲まで綺麗にしないといけないか質問されますが、ものによって3年~7年と違いますので必要でしたらご相談ください。