永住権要件③10年以上継続して日本に在留していること

10年以上継続して日本に在留していること


永住者は日本に永年住むことを想定している在留資格ですので、日本国との接着性を判断するためのものです。

帰化条件の一つである居住条件が5年以上と規定されていることと比較して10年と長く、永住権取得を帰化より難しくさせる一因になっています。

 

「10年以上」とは


適法なビザを持って在留を開始した日から10年以上経過している必要があります。また、原則として10年以上の期間のうち、少なくとも5年以上は就労資格(経営管理、技術・人文知識・国際業務等)又は居住資格(配偶者、定住者等)をもっていた必要があります。

 

 

「継続」とは


在留を開始した日から継続して日本にいる必要があります。

外国人を採用する企業等ではよく海外出張、転勤、出向等をさせることがありますが、この期間はどうなるのかと聞かれることがあります。原則としては、1年以内に一回でも日本に帰国すれば継続していると看做されることになりますが、この場合にもなぜ海外にいたのか、なぜ帰国しなかったのか、日本内の家族の有無、日本内の法律関係等を総合的に釈明する必要があります。釈明責任は申請者にあるので、入管側が納得できる釈明を用意出来ないと不利に審査されることになります。